かつら文庫 撮影:荻窪百点

かつら文庫

松葉編集長松葉編集長

かつら文庫はもともと石井桃子さんのご自宅でした。

かつら文庫のごあんない(子ども)
かつら文庫は地域の子どもたちがくつろいで、自由に本が読めるようにと願い、故石井桃子さんが1958年にはじめたちいさな図書室です。現在は、東京子ども図書館が、その活動を引き継ぎ、毎週土曜日に開室しています。本の読み聞かせや貸出、「おはなしのじかん」、お父さんお母さんのための読書相談など、文庫の特色を生かした活動を行っています。

東京都杉並区荻窪3丁目37−11