ふたば整骨院

松葉編集長松葉編集長

荻窪検定・初級練習問題(荻窪の名店編1)
荻窪駅南口徒歩4分のふたば整骨院の前の旧青梅街道を走っていた都電荻窪線はいつできたのか?

「ふたば整骨院」の前の道路は旧青梅街道で、以前都電が走っていました。
もともとは大正10年、西武軌道が淀橋~荻窪間に軌道を開通したのが始まりで、昭和17年には東京市に買収され、東京市電が運営を受託。昭和26年に正式に都電になりました。
当時、都電荻窪駅前には中野銀行や荻窪郵便局が有り、次の天沼駅には魚屋やパン屋(銀座木村家)、お米屋があったりと賑やかな通りでした。
残念ながら、都電荻窪駅から都電に乗って鍋谷横丁や新宿に通っていた住民も少なくなりました。
「ふたば整骨院」は平成23年より整骨院として、この通りに開院し、転倒やスポーツなど怪我をした部位をはじめ、身体のバランスが崩れからくる痛みのコントロールを行っています。
また、 診療施術だけでなく、トレーナーとして様々なスポーツ現場での対応も行っています。

松葉編集長松葉編集長

荻窪検定・初級練習問題(荻窪の名店編1)の答えは、大正10年です。




名称 ふたば整骨院
院長 上岡 茂生
電話 03-3391−2125
住所 杉並区荻窪4丁目28-9サニーガーデン1階
営業時間 月〜金 9:00~13:00 15:00〜20:30
土   9:00〜17:00(休み無し)
定休日 日曜日、祝日

ふたば整骨院のホームページ